求人の探し方やチェックの仕方を思い知った

2度目の転職です

私は看護師として、実は2度目の転職なんです。
最初は地元の診療所に勤めましたが、もっと大きなところで働きたいと思い、地域の総合病院に転職しました。
その際は、地域で有名な病院のホームページにアクセスして求人が出ていないかチェックしたり、自分で自宅から通えるエリアにある病院をインターネットで検索したりしました。
そのうえで、看護部のホームページが充実していて、職場環境が良さそうなところに、直接応募したんです。

 

ホームページに惑わされない

面接でも悪い印象はなく、ここで働けたら嬉しいと転職したのですが、実際は少し様子が違っていました。
勤務がとてもハードだったんです。
離職率が高く、私が入ったあとほどなく3人ほど辞めていき、看護師の数が不足していることもあり、少人数でたくさんの患者をケアしたり、残業も多くなりました。
体力に限界を感じ、より働きやすい環境でスキルアップを目指したいと思い、2度目の転職を決意した次第です。
ホームページが充実しているからいい病院、なんてあまりに短絡的な発想だと、働き始めて気づいたんです。

 

転職支援会社を利用することにした

自分でネットで探して直接応募すると、ホームページの内容や面接時の対応など、表面的なことしか見えません。
人手不足で悩む病院が、面接で嫌な対応をするわけがなく、悪い話をすることもないでしょう。
だから、働き始めるまで実情が分かりませんでした。
そこで、今度は第三者の冷静な分析と、本当の情報を事前に知るべきと考え、転職支援会社を利用することにしたのです。看護師派遣
転職支援会社では、求人を募る際、その求人先の職場見学をしたり、看護師が働く様子や表情、担当者との面談など、しっかりリサーチしているというので信頼できると思いました。

 

転職アドバイザーによる導き

転職アドバイザーに1度目の転職の話をすると、離職率が高い病院ほどホームページで良い印象を与えて人材集めをする傾向があると教えてもらいました。
求人を見る際は表面的なものではなく、看護師の配置基準や、週休だけでなく年間の休日日数をチェックすること、勤務時間のシフトから申し送りの時間が勤務時間内に含まれるかなどを読み解く必要があると教えて頂いたんです。
アドバイスをもとに求人票を見るようになり、働く環境の整っている病院が少し見分けられるようになりました。
もっとも、最終的には転職アドバイザーの方が私の希望に合った、過度な残業がなく、業務に集中できる看護配置7対1の病院を紹介してくださり、面接指導などもしてくれたので、無事に内定を頂くことができたんです。

茨城の看護協会とナースセンター所在地

茨城県看護協会の公式ホームページはこちら

 

茨城県ナースセンター
〒310-0034
水戸市緑町3-5-35 茨城県保健衛生会館1階 公益社団法人茨城県看護協会内 [ 地図 ]
TEL:029-225-8572 FAX:029-226-0493
http://www.ibaraki-nc.net/

 

茨城県での派遣看護師の求人募集サイトと病院 施設 クリニック

茨城県の観光名所やレジャースポット

茨城県には多くの観光名所、レジャースポットがありますが、中でも有名なスポットの1つが袋田の滝ではないでしょうか。久慈川の支流である滝川にかかる滝で、その落差は120メートル、幅は73メートルにも及びます。

 

岩肌を四段に流れ落ちることから四度の滝とも言われていますので、こちらので名称で知っているという方も多いのではないでしょうか。平安時代の歌人である西行法師はこの袋田の滝のことを四季に1度ずつ訪れなければ真の風趣は味わえないと評しており、非常に古くから日本人に愛されてきた滝であることがわかります。

 

このエピソードからもわかるように非常に美しいだけでなく、四季折々で違った表情を見せてくれるのも大きな特徴です。西行法師のように四季が変わるたびに訪れるのも乙なものです。

 

滝正面には観瀑台が設置されていますので大迫力の袋田の滝を正面から思い切り楽しむこともできます。その大迫力の光景は実際に見てみる価値があります。

 

JR袋田駅から袋田の滝行きのバスも出ていますのでアクセスも良好で訪れやすいのも嬉しい点です。料金は大人が300円、子供が150円です。

 

家族連れで楽しめるスポットと言えば国営ひたち海浜公園でしょうか。
約190haに及ぶ広大な敷地の中には25種類以上のアトラクションをはじめアスレチック広場やバーベキュー広場もあり、さまざまな楽しみ方をできます。

 

非常に広い敷地となっていますが自転車をレンタルすることができたり、シーサイドトレインが走っていたりしますので移動もそれほど大変ではなく、自転車やシーサイドトレインでゆっくり敷地内を回るだけでも十分に楽しめます。
というのも敷地内には四季ごとにさまざまな草花が植えられており、綺麗な植物を見るだけでも楽しめるからです。
お子さんはアトラクションで、親は植物を見て楽しむというのもいいかもしれません。
基本的に毎週月曜日は休園日になっていますので、その点にだけは注意しましょう。

 

笠間稲荷神社も人気スポットの1つです。
五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから多くの信仰を集めている神社で、西暦651年に建てられたと伝えられています。
非常に歴史も古く、日本三大稲荷の1つとされています。
秋には菊花展が開催され、その規模は関東を代表するほどです。
神社の景観も非常に美しく、見ているだけでも日本の良さを感じることができます。
境内は無料で入ることができますし、気軽に楽しめるスポットだと言えるでしょう。

常陽銀行

 

常陽銀行のカードローンは、「キャッシュピット」です。こちらのサービスは、常陽銀行ATMをはじめ、全国の提携銀行ATM、さらにはコンビニATMで利用可能です。特長としては、キャッチフレーズが「借りりたいその日にピッ!とキャッシング」とあるように、24時間365日インターネットからの申込みが可能というものです。他にも、借入れおよび返済の際の、ATM手数料が無料というのも魅力です。利用対象者については、年齢は20歳~70歳まで、 安定した継続収入となっています。保証会社がアコムということで、柔軟な対応を受けられます。

 

事業資金や投機資金を除いて、使いみちは自由です。ただし、限度額は最高で500万円、学生の方は10万円、主婦の方は30万円という制限があるのでご注意ください。専業主婦は配偶者の収入によって融資の判断がされます。最低の返済額が利用額によって異なります。例えば、借入残高10万円以下の方では、2000円から、借入残高が20万円~30万円の場合は6000円から、借入残高が30万円を超えている場合には、10万円増すごとに最低返済額が2000円ずつ高くなっていきます。また、返済場所について見ていくと、常陽銀行のATM、常陽銀行の指定した口座への振込み、セブンイレブンやイトーヨーカドーに設置のセブン銀行ATM、E-netのATMなどと幅広くなっています。特にコンビニでは、ほぼすべての店舗で利用可能と考えていいでしょう。

 

筑波銀行

 

筑波銀行のカードローンには、「筑波銀行 スピード王」があります。こちらは生活応援ローンとなっており、最短即日融資、最高で300万円、使いみち自由、24時間申込み可能という柔軟なサービスが特長です。特に即日融資を求める際には、銀行営業日の午前10:00までに申込みを行った上で、当日の午後2:00までに必要書類を用意する必要があります。利用対象者については、保証会社が新生フィナンシャルということもあり、申込み時の年齢は、20歳以上満70歳以下と幅広くなっています。加えて、営業区域内に居住か勤務している必要があります。アルバイトやパートでも利用可能なので便利です。